ひげ脱毛の方法

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、ひげ脱毛の方法の中でも人気のあるひとつで、毛の黒い色に反応して照射されるレーザーを利用して、毛根を破壊してしまうことで毛の再生を止め、脱毛効果を得る方法です。美容業界ではいわゆる「永久脱毛」の定義を「施術後数年で生えてこない状態」と定義しているため、レーザー脱毛が永久脱毛と呼ばれることもありますが、実際本当に永久にひげが生えてこないかどうかについてはまだ明確な答えは出ていないようです。

メリットとしては、永久とは言わずとも、一度施術を受けた場合、ほとんどその後ヒゲが生えてくる可能性は小さく、効果が高いこと。また、広範囲に対して一度に照射が可能なこと、効果を短期間で実感できること、基本的に医療行為にあたる為、医師に行ってもらえるので信頼性が高いこと、同じく医療機関で受けた場合には、施術の際の痛みを和らげる為の麻酔クリームなどを使用してもらえる場合があることなどが挙げられます。

逆にデメリットとしては、一定の施術費用がかかってしまうこと、永久脱毛状態をずっと継続するには定期的に施術を受ける必要がある場合もあること、黒い色に藩反応して照射するので、白髪や薄い毛の場合は脱毛できないケースがあること、極端に日焼けしている場合、ホクロ、シミなどがあるとレーザー照射によるやけどのリスクがあるので受けられない場合があることなどです。

また、妊娠中の方もレーザー照射脱毛を受けられない場合がある、などです。