ひげ脱毛の方法

光脱毛

光脱毛とは、エステサロンなどを中心によく行われている脱毛方法で、非常に強力なストロボライトに似たパルス状の光を特定の波長より短い光を通さないように作られたガラスフィルターにかけることで、脱毛することのできる光のみを取り出して、それで毛根部分を焼き尽くして毛の再生能力を止めてしまう方法です。

基本的な原理としてはレーザー脱毛と同じですが、これは一定以上の出力での脱毛は医療行為に該当するため、エステサロンなどの非医療機関では行うことができず、レーザー脱毛が難しいことから、それより出力の低い脱毛をこの光脱毛として行っているという背景が存在します。出力が弱い分、医療レーザー脱毛に比べて必然的に施術の回数が多く、10回~20回程度の回数が必要使用する光の種類によってIPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などという名称で呼ぶ場合もあり、混乱しがちですが、基本的な原理はやはり同じです。

メリットとしては、出力が医療レーザーに比して小さいため、その分痛みも小さいこと、細かい脱毛に適していること、非医療機関でも実施できるので比較的敷居が低く、安価であることなどがあります。その一方で、出力の弱い分、施術の回数が増え、医療レーザーよりは脱毛効果が弱いとされる側面があること、などが挙げられるでしょう。実際の施術の際には、光が反応できる毛根部分を残しておく必要があるので、自己処理の時には毛抜きで抜くのではなく、剃っておくことが必要です。