ひげ脱毛に関するその他の知識

剃るほど濃くなるは本当?

「ひげや身体のムダ毛は剃れば剃るほど濃くなる」という言葉を誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかしこれは本当のことなのでしょうか。せっかくムダ毛やヒゲを無くそうと思って処理をしようとしている人にとっては、実際のところがとても気になるはずです。

明確な統一見解は出ていないようで、体毛の場所や剃り方によって答えも異なってくるようですが、科学的見地から見た場合、剃るほど濃くなるということを否定している学者が多いようです。例えば子供の健康に関する専門家であるレイチェル・ヴリーマン氏によれば、最近の研究結果では、剃毛という行為によって毛が濃くなったり、生えるスピードが速まることはないと確認されており、剃られた後の毛が、通常の状態のように先端が細くないため、それが濃くなったような印象を与えるのではと見解を述べている。

一方で、剃り方や力の入れ方などによって、毛が濃くなることがあると考える方もいるようです。このような肯定派の方の意見の多くは、剃る際にかかってしまう負荷から肌が身を守ろうとして、本来肌を守る役目をもつ体毛の再生が速まることがあると考えているようで、剃り方によってある程度防ぐことができるとしています。具体的には肌にカミソリを押し付けないように注意して剃ることが、毛を濃くしないためのコツだそうです。

ヒゲや体毛を剃るたびにやはり濃くなっているように感じている方は、このような方法も試してみる価値はあるかもしれません。