ひげ脱毛に関するその他の知識

ひげや体毛と生活習慣

ひげの濃さやムダ毛の多さというのは大きく遺伝に依るところが多いとされています。では生活環境や習慣などは、全く無関係なのでしょうか。もし生活習慣を改善することでひげが薄くなったり、ムダ毛を減らしたりすることが可能なら、興味を持つ方もきっと少なくないはずです。

まず食生活においては、ひげや髪の毛以外の体毛の発育を司っているとされる男性ホルモンの働きを抑制する成分である大豆イソフラボンを多く含む豆乳や納豆を意識的に採るようにするという方法が考えられます。また、一説によると、ヒゲは栄養不足や運動不足、そしてストレスや喫煙、過度のお酒などのいわゆる不規則で不健康な生活状況の際にのびるのが早くなると言う人もいるようです。

科学的根拠やその証明は明確でありませんが、その逆に太陽の日の下での運動時間が長くなると、ヒゲののびる速度が抑制されるとする説もあり、まだまだヒゲと環境の関係性は分かっていない部分が多いのが正直なところです。基本的にヒゲやムダ毛はホルモン作用に影響されるのは間違いありませんので、ホルモンバランスが崩れてしまうような生活環境に身を置いていると、ひげや体毛が濃くなってしまうという可能性もゼロとは言いきれないかもしれません。

現状ではすぐ効果がある生活習慣というのは見つけるのが難しいかもしれませんが、いずれにしろ健康的でいるためにも、ホルモンバランスを乱してしまうような生活は避けたいものです。