ひげ脱毛のメリット、デメリット

痛み

かかる費用と並んで、脱毛の大きな不安要素となり得るのが脱毛の際の痛みに関してではないでしょうか。特に永久脱毛を希望する方に人気のあるレーザー脱毛やニードル脱毛に関しては、「痛みに耐えられなくて脱毛をあきらめる人も少なくない」、「ゴムではじかれる程度の痛さ」「毛抜きでひげを抜く際の2倍の痛さ」など、様々な表現がまるで都市伝説のように独り歩きしている感もあり、それがさらに脱毛希望者の方の想像と不安を煽ってしまっているようです。

当然、痛みというものは主観的なものであり、ひげの密度などの特徴や肌の性質、施術を行う方の技術レベルや経験など複数の要因によって、どの程度の痛みとして知覚されるかが異なります。同じ手術方法で、同じ先生の元で脱毛してもらったとしても、受ける人によってその痛みの度合いは違ってきても仕方ありません。

これは注射が大の苦手な人と、そうでない方がいるのとある意味同じです。医療レーザー脱毛など、医療行為に該当する脱毛方法で行う場合には、痛みを緩和する手段として麻酔クリーム等の使用をお願いすることができるケースもあるようです。

そもそも、髪の毛を思いっきりひっぱられれば誰でも相当痛く感じますが、ひげというのは髪の毛に比べても密度が濃く、根本も皮膚の奥深くに入っていますので、ある程度の痛みがあるのは自然な事とも言えます。元来、痛みに弱いと自覚している方は、その旨を最初から相談し、その上で決断するのが賢明です。