ひげ脱毛のメリット、デメリット

ダウンタイムとは

ひげ脱毛についてインターネットなどで調べていると、頻繁に目にするのがこのダウンタイムという単語です。ダウンタイムとは、脱毛など、何かしらの施術を受けた後、施術箇所の肌が正常な状態に回復するまでの期間を指す言葉です。特に医療レーザー脱毛などの高い出力を伴う方法で脱毛を行う場合ですと、その出力を受けた部分の肌が、赤く腫れてヒリヒリしたり、肌が敏感な方ですと軽い火傷のような状態になったりすることがあります。

もちろんこれらの施術を行うクリニックなどでは、極力このような肌への影響を避けるために、レーザー出力の調整を行いながら脱毛を行いますが、極論を言ってしまうと、この出力の強さによって脱毛を強力に行うのがレーザー脱毛などの方法なので、出力をあまり低くし過ぎてしまうと今度は、十分な脱毛効果が得られなくてしまう可能性もあります。

また、その分施術を終了するまでに通う回数も多くなり、結果、コストもかさんでしまうという側面もあります。このダウンタイムの長さも、その方の肌の性質によって異なります。多くのクリニックやサロンでは、ダウンタイム期間中に肌をケアする塗り薬などを処方してくれます。

施術後にダウンタイムが発生しうる方法で脱毛を行う方の場合は、自らの肌の強さなどを把握し、心配であれば事前に施術担当者の方に相談しておくようにしましょう。また当然ですが、ダウンタイム中にはいつもに増して肌を気遣ってあげるようにしてください。

609

ダウンタイムとは何らかの施術を受けた後に肌の状態が通常の状態に回復するまでの期間のことを言います。

医療レーザー脱毛でも出力の高い脱毛機で強めの出力で施術したとき、脱毛箇所の肌が弱かったりすると赤く腫れたり軽いやけどのような状態になってしまうことがあります。(そうならないようにクリニックでは出力の調整をしていますが)

そうなった場合、程度にもよりますが塗り薬が処方されたりもします。

そして赤くなった肌、炎症を起こしてしまった肌が通常の状態になるまでの期間をダウンタイムといいます。

ちなみに僕がダンディハウスでニードル脱毛をしたときは脱毛箇所がうっすら赤くなった程度で数時間後には気にならなくなりました。

メンズエステ、ピュウウォモでフラッシュ脱毛した後も赤くなりましたが翌日には赤みも引きました。

ダウンタイムは個人のもともと持っている肌の回復力や処方された薬の強さなどによっても期間は変わってきます。

通常、エステでも、クリニックでも肌に負担をかけないように出力を調整しやけどや炎症が起こらないようにしてます。

なので脱毛にはダウンタイム的な期間はあまりないとは思いますが、脱毛後は自分で肌のお手入れをしてあげることも重要。

とはいえ、保湿程度の化粧品ならエステやクリニックで買う必要はないと思いますよ

ひげ脱毛後、肌がヒリヒリする、赤く腫れるということがあります。元の肌に戻るまでのことを、「ダウンタイム」というのですが、ひげ脱毛の場合、ダウンタイムに時間がかかることもあります。

脱毛効果は、この赤みや腫れに比例します。仕事柄、赤みや腫れを抑えたいという人は、レーザーやフラッシュの照射出力を下げればいいのですが、その分、脱毛効果が低くなり、通う回数も多くなります。どのくらいの痛みを我慢するかは、サロンと相談してみるといいでしょう。